居抜きの原状回復について詳しく説明します

居抜きの原状回復については一般の物件とは異なり判断が難しい部分が多いものです。一般の物件の場合にはほとんどが自分で設置を行う為退去時にはこれらを全て撤去して入居時の状態にすることになりますが、予めさまざまな設備が設置されている場合にはこれらの扱いに困ることも少なくありません。そのため、退去時にトラブルになってしまうことも少なくないものです。特に店舗の場合には厨房設備などが設置されている場合も多く、それらの設備をどこまで復旧させるのかといった問題が残る場合が多いのです。この点については明確な基準がない為良い解決法が見つからないことも少なくありません。このようなトラブルを防ぐためには、退去時の復旧について契約時にその内容を取り決めておくことが大切です。

内装の汚れは復旧せずに済む場合がほとんどです

退去する際に内部の汚れが気になる場合があります。この点について家主から壁紙の張り替えなどを指示される場合も多いのですが、これらは基本的にはよほどのひどい汚れでない限り借主の負担で交換する必要はないとされています。壁紙などの汚れはその場所で事前に契約された使用目的で使用された場合には当然汚れると想定されることであるため、この場合には貸主の責任で修理を行わなければならないことになっています。法的にはその費用は家賃に含まれているとされるため、借主に新たな負担を求めることはできないとされるからです。居抜き物件の場合には店舗なども多く、特に厨房機器の周辺などが汚れてしまう場合がありますが、これについても借主が故意に破損させた場合でない限り原状回復の範囲に含まれない場合がほとんどです。

契約時に退去の条件について事前に取り決めを行うことが大切です

居抜き物件は様々な機器がそのまま残されていることも多く、その機器を利用出来ることが大きなメリットとなる物ですが、退去時にはこれらの機器の扱いが大きな問題になることも少なくありません。借主から考えた場合には借りるときに既にあった機器であるという認識からそのままにして返却すればよいと考えることも多い物ですが、退去時にこれらの撤去を求められてしまうことも有り、その費用の負担も要求されることがあります。又、さらには家主が撤去した費用を請求されてしまう場合もあるので注意が必要です。この点については明確な基準がないため、契約書に記載がなければ撤去を要求されることも多いものです。これらの設備の原状回復時の扱いについては契約時にしっかりと取り決め、その内容を記載しておくことが大切です。

9:00から18:00までの間、お電話受付中! 居抜き移転でオフィス退去時にかかる原状回復費を新しいオフィスを借りる際にかかるコストに充てよう!  是非チェックしてください 入居と退去の二つのニーズをつながるオフィスがマッチング! 居抜きのままの内装を変更したい場合でも、リデザインも含めてデザインも行っていますのでご相談ください! 【原状回復】で居抜きオフィスへ有効活用