今さら聞けない居抜きの原状回復

ブティックや雑貨店などを経営して生活費を稼ぐには、店舗を構えなければなりません。ネット通販で運営すれば店舗はいらないものの、衣類などは実物をお客さんが実際に手にとって見ることができる、対面で販売したほうがメリットは大きい部分があります。店舗を構えるにはテナントとして不動産物件を借りるケースが大半です。購入するよりも初期費用が少なく済む手軽さや、やめる時には明け渡すだけで済むというメリットがあります。特に安くておすすめなのが、以前のテナントが残した設備をそのまま使う方法です。しかし、この方法で借りた場合、スケルトン状態に戻す義務が生じる危険があります。原状回復は居抜き物件でも要求されるケースがあることを知り、要求された場合の対策を準備しておいてください。

なぜスケルトン状態にしなければならないのか

元々設備が整った状態でテナントとして店舗を使い始めたのに、明け渡す時には原状回復を居抜き物件に求められるのが納得出来ないというケースも多いでしょう。これには元々の契約内容が関わってきます。テナント用に貸し出しているものですから、オーナーが決めた条件で不動産物件を借りる義務が生じます。以前のテナントとの契約内容ではありません。オーナーから見れば単純に契約者が変わっただけに過ぎない状態です。基本的に店舗をテナントとして借りる場合、元の状態に回復して明け渡すようにします。設備があるならそれらを取り除いて、何もない状態に戻してから、オーナーに返すのが義務です。以前のテナントが残した設備でも、スケルトン状態にして明け渡さなければならないのは、本来の契約内容に基づいているからです。

新しいテナントに譲渡して解決を目指す

必ずしも原状回復を居抜き物件に求められるとは限りませんが、契約内容によってスケルトン状態に戻すことを要求されたら、対策を練るようにします。最初の契約書に記載があるはずですので、テナント契約をした時点から明け渡しのことを考えておくようにすると安心です。費用を掛けずに解決を目指すなら、譲渡する手段を用います。自分がテナントとして契約したときと同じように、次のテナントを探して譲り渡せば、設備を取り除くこと無く明け渡すことが可能です。この方法では本人と次の新しいテナント、オーナーの3者の合意が必要になります。もう一つは、素直にスケルトン状態に戻すことです。対策として、工事費用が安く済むサービスを探すようにします。但し、指定のサービスしか利用できない場合がありますから、テナント契約前に確認しておくことが重要です。