初心者でもわかりやすい居抜きの原状回復の仕組み

前の借り手(テナント)が使っていた設備や内装を、買い取ったり無料で引き取ったりしてそのまま使うことのできる物件を「居抜き」といいます。喫茶店や居酒屋さんが閉店したと思ったら、ほとんど同じ見た目や内装の喫茶店や居酒屋さんが入っている、というような場合は、多くが居抜き物件といえます。また、原状回復とは、借り手が退去する際に、自分が設置したもの全てを撤去して(もちろん費用は自分持ちです)入居前の状態に戻すことを言い、多くの賃貸契約で借り手の義務としてスケルトン状態にするなどの対応が求められています。このような物件を借りた場合、契約前に前の借り手が使っていた状態で引き継ぐことになりますが、退去する時はスケルトン状態にして返さなければいけないのでしょうか。一般的なテナントの賃貸契約を次に確認してみましょう。

居抜き物件でも原状回復は必要である

一般的な居抜き物件の賃貸契約でも、退去時にはきちんと原状を回復することを求められています。「自分の前の借り手は原状回復せずに退去できたのに、そこまでする必要があるのだろうか」と疑問に持つ方もおられるかもしれません。しかし、オーナーサイドから見ると、こういった契約は前の借り手の施設をあなたがそのまま引き継ぐ契約であるため、あなたが退去するときは前の借り手が設置した施設なども含めて、その前の状態に戻すことが求められるのです。資金面に不安もなく、円満に退去できるような状況であれば良いですが、ビジネスシーンではそうではないケースも少なくありません。契約の際には、退去時に全ての施設を撤去してまっさらにする「スケルトン工事」が必要なのか、オーナーさんに確認しておくとともに、図面などの書類はきちんと保管しておきましょう。

原状回復工事をできるだけ安く上げるには

退去する際には、その物件の完成時と同じ状態、つまり内装も設備も何もないスケルトン状態にして引き渡す契約となっていることが一般的ですが、そのための工事を行う業者をオーナーや管理会社から指定されているケースも少なくありません。この場合は、競争原理が働いていないことや中間マージンが発生するなど、見積金額が高額になる傾向があります。特に資金的に余裕がない状況で退去するような場合は大変ですので、積極的にオーナーや管理会社と交渉してみましょう。相見積もりを複数の業者から取って競争原理が働けば、費用を抑えることができるかもしれません。なお、交渉をする際には、事前の手続きも含めて時間が必要になります。例えば半年前など、できるだけ早い段階から交渉を始める必要があります。