居抜きの原状回復につてのアドバイス

居抜き物件のメリットは開業に際して内装の工事費を抑えられることです。開業資金をできるだけ少なくしたいときはとても助かります。しかし、契約を解除するときに原状回復が義務付けられていることが一般的です。家主さんからしますと、内装が残ったままでは次に貸すのに費用が発生してしまいます。そうした問題点をなくすために原状回復を義務づけるわけです。居抜きで貸すケースはそれまでの借主が負担をできるだけ少なくして退去したい場合ですが、これはある意味借主、家主の両方にとって好都合なことでもあります。また、居抜きで借りる人にも好都合ですから三者が満足できる状況であることになります。いわゆる三者がウィンウィンの関係になることですが、最後の借り手である人がある意味最も損失を被ることでもあります。そうしたときのために現状に回復するための費用を少なくする知識は大切です。

原状回復は専門業者に任せるのが一番です。

原状回復が問題になる物件となりますと、だいたいにおいて飲食関連の業種であることがほとんどです。飲食関連の業種が最も内装などを変更するからです。普通の販売業ですと内装と言いましてもたかが知れています。しかし、飲食関連はそのようなわけにはいきません。そうしたときに廃業するときは多くの場合、元の状態に戻すことが契約で決められているのが普通です。家主さんにしてみますと、現状に回復してから返してもらいませんと多額費用が発生するからです。チェーン店などで数多くの開業と廃業を経験している業者は別にして、普通の人は開業や廃業をあまり経験していません。ですから、単純にやり方がわからないものです。しかし、元の状態に戻すのは簡単ではありません。特に今の時代は産業廃棄に厳しい目が向けられていますので専門業者に任せるのが一番よい方法です。

法律を遵守していそうな解体業者を選ぶことが大切です。

「法律の則った」と書きますと大げさに感じる人もいるかもしれませんが、ニュースなどで違法な産業廃棄を行っている業者の存在が報じられることもあります。そのような業者に依頼しますと、知らぬ間に犯罪の片棒を担いでいることになります。そうしたことにならないためにはしっかりとした業者を選ぶことが重要です。お店などの内装を元の状態に戻す業者を探す場合、解体業者という名目で探すのが一般的です。インターネットなどで検索しますとたくさんの業者が出てきますが、できたら年数が長く法人組織のほうがリスクは少なくなります。しかし、これらがきちんとしていても絶対に正しい業者ということにはならないことも認識しておく必要はあります。業者を決める際は必ず複数の見積もりを取ることが大切です。それを嫌がるような業者は危ない業者と判断できます。そして価格だけで判断しないことも重要です。廃棄物の処理にはそれなりの費用がかかりますのであまり価格が低い業者も注意が必要です。